目元

目の上や下のたるみが気になってきたら

1、加齢とともに目元が重くなってきた

目の上や下のたるみとりはこんな人におすすめ 

瞼のたるみを改善したい

ハッキリした二重になりたい

若い頃の二重のラインに戻りたい

根本的に改善したい 

元の印象は変えたくない

目の上や下のたるみは年齢と共に現れ、二重幅が狭くなったり、目にかぶさってきたり、目の下のたるみになると、どうしても老けた印象を与えがちです。 メザイクやアイプチなどでたるんだ皮膚を持ち上げている人もいますが、長期間使用するとさらにたるみを引き起こす原因となります。 また、一度伸びてしまった皮膚は入念にスキンケアをしても、残念ながら改善は難しいです。 

目の上や下のたるみ取りは切開によって余分な、たるんでしまった皮膚や脂肪を切開によって除去する施術になります。 施術跡が目立たないよう元々の二重のラインなどで切開し、ナチュラルに若々しい印象にすることができます。

 

2、目の下がたるみやくぼみによって疲れた印象にみえるならハムラ法でスッキリ改善

下まぶたにたるみがあると、実年齢より上に見られてしまうことがあります。

また、たるみに加えて下まぶたに多量の脂肪が存在する場合、脂肪の重みによって更にたるみが強調されてしまい、疲れたような印象を与えてしまいがちです。脂肪の下にくぼみがあり、そこが影になって疲れたクマに見えます。

クマになって見えてしまう下まぶたのたるみをなくすことで、そういった印象を改善することができます。たるみを取るには、目の下ぎりぎりのラインに合わせて切開を行い、余分な皮膚を除去したあとで丁寧に縫い合わせます。また、症状やご希望に合わせて目の下にたまった脂肪部分を一緒に除去することですっきりとした目元にすることが可能です。脂肪はただ取り除くだけでなく、ふくらみの下の影になる部分に移動させることで、よりよい形を作ることもできます。この脂肪を移動させて調整していく方法をハムラ法といいます。