バスト

ふくよかな胸にあこがれると思ったら

1、切らずにヒアルロン酸注射でボリュームアップ

ヒアルロン酸豊胸術はこんな人におすすめ

胸を大きくしたい 

胸の形を整えたい

自然な触り心地にしたい

まわりにバレたくない

切開はしたくない

バストの大きさや形でお悩みの方は非常に多いですが、大きな手術には抵抗がある人がほとんどです。まずは注射で手軽に試してみたいという人にもオススメなプチ豊胸術がヒアルロン酸注入です。 

ヒアルロン酸は元々私たちの身体に存在する成分なので、身体に無害でアレルギーも少なく安心です。 切開せずに、注射でヒアルロン酸を注入しバストにボリュームを出したり、形や左右差を整えることができます。 このように手軽ではありますが、デメリットもあります。ヒアルロン酸は半永久的な効果ではなく徐々に吸収されていきます。また注入量に限界があり、サイズアップには制限があります。

 

2、これからずっと自分の胸になってくれるシリコンバック

人工乳腺バック豊胸術はこんな人におすすめ 

胸を大きくしたい 

胸の形を整えたい

自然な触り心地にしたい

可能な限り大きくしたい

半永久的な効果がほしい

ヒアルロン酸による豊胸術は手軽にボリュームを出すことができますが、いずれ吸収され元に戻ってしまうため繰り返し施術を行う必要があります。 

人工乳腺バック豊胸術は最新の豊胸用シリコンバックを胸に挿入し、半永久的にボリュームを維持する ことができます。 当院で使用する人工乳腺バックはシリコン素材で形成されており、被膜拘縮のリスクを抑え、硬くなりにくく自然な触り心地をキープ することが可能です。 デメリットとしては、どうしても腫れや痛みが出るため数日の休みは必要になります。

 

3、体の余分な脂肪は胸に脂肪注入しましょう

脂肪注入豊胸術はこんな人におすすめ 

胸を大きくしたい 

胸の形を整えたい

自然な触り心地にしたい

シリコンバックの手術は抵抗がある

半永久的な効果がほしい

脂肪注入豊胸術は自分の余った脂肪を取ってきて、胸に注入してバストアップを図る豊胸術です。採取する脂肪は、皮下脂肪の多い腹部、大腿、上腕、臀部などから脂肪採取用の注射器を使い採取します。そのため、傷跡も数ミリと小さくほとんど目立ちません。また、脂肪を注入する際もメスを使わずに専用の注射器を使って注入するため、傷跡が残る心配もありません。脂肪の定着率は個人差がありますが、注入した脂肪のうち分解されずに定着するのは、全体の30~70%になります。取り出した脂肪細胞は空気に触れると短時間で死んでしまうため、当院では採取してすぐの脂肪を注入することで定着率を上げています。いったん定着した脂肪細胞は永久的に残りますが、脂肪細胞の大きさは変化するため、体重などの増減に伴い注入した脂肪も変化します。

脂肪注入はご自身の脂肪を採取して使用するため、拒絶反応やアレルギーなどの心配がなく、減らしたい部位の脂肪を採り大きくしたい胸に注入するため、痩身とバストアップが同時に行える手術です。

デメリットとしては、やはり脂肪を採取した部位が内出血や腫れを伴いやすくなり、1~2週間赤紫色に見えたりします。また注入した脂肪は個人差によって定着率が異なり、1回の脂肪注入でどの程度大きくなるか正確な判断がしにくいのが現状です。一度に大量の脂肪を注入すると、しこりになることもあり得ます。