バスト

乳首の形や、乳輪の大きさが気になると思ったら

1、乳首がもともと大きい、授乳で変形してしまった

乳頭縮小術はこんな人におすすめ

乳首を小さくしたい

乳首の左右差・バランスを整えたい

乳首が大きくて擦れて痛みがある

乳頭縮小術は、もともと乳首が大きい人や、妊娠や授乳によって肥大してしまったり、変形・下垂してしまった人の乳頭を縮小する施術です。 

単に乳首を小さくするだけでなく、左右差やバストの大きさとのバランスを考え、1人1人に合わせて形を整えます。 理想的な仕上がりについてはもちろん、今後妊娠・授乳などのご予定があるかなどを伺い、授乳機能を残したいなどのご要望を含めご相談頂けま すのでご安心ください。 

また女性だけでなく、男性も見た目やシャツを着ると乳首が浮き出て気になったり、擦れて痛みを感じたりなどの理由で施術を受ける人が多いです。

乳頭縮小術は乳首に切り込みを入れ余分な皮膚を切除し、医療用の糸で縫合します。傷跡は残りますが乳首の根元や下方の部分なので目立ちません。見た目の変化がしっかりでて効果的ですので乳首の大きさが気になる女性にオススメの術式です。 

 

2、乳首が埋まりこんでる陥没乳頭

陥没乳頭手術はこんな人におすすめ

乳首が陥没している

乳首が埋まりこんで左右差がある

乳首が陥没して炎症を起こすことがある

乳頭が陥没している人は少なくありません。程度もさまざまで、通常は乳頭が見えないくらいに陥没していても刺激を与える と乳頭がしっかり現れる軽度の人から、いくら刺激を与えても乳頭が現れにくい重度の人もいます。 

陥没乳頭が起きる原因は、乳管が引っ張っていることにあります。つまり単純 に乳頭の周りの皮膚や皮下組織を動かしても結局うまく治療できま せん。 乳管を完全に切断できれば形は整いますが、乳汁は分泌できな くなります。 おっぱいの機能を残しながら見た目とバランスを整えるには、乳管を伸 ばすという処置が必要です。 また、これは再発をできるだけ防止するために重要なテクニッ クになります。 

傷跡は乳頭の根元あたりに残りますが、目立ちにくいです。デメリットとしては術後に、乳管を安定させるため、1週間乳頭に固定を付けておかなければなりません。

 

3、乳輪が大きくてバランスがよくない

乳輪縮小術はこんな人におすすめ

乳輪を小さくしたい

乳輪の左右差・バランスを整えたい

乳輪が大き過ぎて下着からはみ出てしまったり、温泉などで恥ずかしいなど乳輪の大きさが気になっている人は意外と多くいます。 乳輪縮小術とは元々大きい方はもちろん、妊娠や授乳、成長過程によって肥大した乳輪を小さくするする施術です。 単に小さくするだけでなく乳輪の形を整えながら左右差やバストの大きさとのバランスを考慮し1人 1人に合わせて調整します。 乳腺を傷つけることがないため、施術後も授乳は可能です。

また女性だけでなく、温泉や海、プールなどで気になるといった男性の人も受ける施術です。