傷跡修正アートメイク

傷跡修正アートメイク Skin52

 

 

 

傷跡修正アートメイク Skin52とは?

 

ストレッチマーク(肉割れ・妊娠線)、傷跡、白斑などに最新の医療アートメイクの技術によって色素を注入し周りのお肌の色味と馴染ませることで目立ちにくくさせる施術です。

 

 

こんなお悩みの人にオススメ!

 

・妊娠線が目立つ
・肉割れがある
・傷跡を目立ちにくくしたい
・手術の跡が気になる
・事故やケガの跡が気になる
・やけどの跡が気になる
・リストカットの傷跡が目立つ
・白斑(白抜け)が気になる
・わきや肘や膝の黒ずみが気になる

 

全く新しい医療アートメイクとして韓国から導入された「Skin52」は、主にストレッチマーク(肉割れ・妊娠線)、傷跡、白斑などを治療する技術です。
最新技術によって、施術したい部位にお肌と同じ色素を注入し、周囲のお肌の色味と馴染ますことで傷跡を目立たなくさせる施術です。
ストレッチマーク(肉割れ・妊娠線)、傷跡、白斑などを完治・消去することはできませんが、周りのお肌の色調と馴染ませることで色ムラを目立たなくすることが目的の施術です。

 

 

最新のアートメイク技術”Skin52”の優れた特徴

最新のアートメイク技術とAIを駆使し、95%以上のカラートーンマッチングを可能にしたSkin52の技術でストレッチマーク・傷跡・白斑・黒ずみをカバーします。
通常でも麻酔なしで施術を行えるぐらい痛みが少ない施術で、施術の時間は部位や範囲にもよりますが、およそ10分~30分程度で終了します。
最新のAI技術が組み込まれた肌色をチェックする専用アプリ「Skin52STP」を使用し、注入する色素を周囲の皮膚の色味に馴染むよう調合していきます。そのため自然にストレッチマークや傷を目立たなくすることができます。

 

【経過・ダウンタイム】

【施術時間】  10分~30分程度(部位や範囲により異なります)
【麻酔】     痛みは少ない為、必要ございません。心配な方は別途料金で麻酔クリームも可能です。
【腫れ・赤み】 個人差はありますが3日~1週間程度で落ち着き、徐々に色味が定着していきます。
【アフターケア】 5日間はワセリンで保湿してください。
保護テープを貼った場合は2時間後にご自身で必ず剝がしてください。
【通院間隔】 リタッチは1か月後です。1クールの施術で1年~1年半程度の持続です。
【シャワー・入浴】 シャワーは当日避けて翌日から、入浴は1週間後から可能です。
施術部位はワセリンをたっぷり塗布し、軽めに流してください。
【メイク】 施術部位がボディの場合は当日から可能ですが、お顔の施術部位へのメイクは2週間お控えください。
【注意点】
・サウナ、スクラブ、激しい運動は新陳代謝がよくなり、色が抜けやすくなります。今後は避けることをお勧めします。
・施術後、レーザー治療を行うと同様に薄まる可能性があります。お控え頂く事をお勧めします。
・施術料金は1クール2回分(1か月後のリタッチを拭む)ものです。

リスク・注意事項
腫れ・発赤・内出血・感染。まれに麻酔・使用する針・色素によるアレルギーが出現する可能性があります。

施術できない方
血液疾患(肝炎・HIV)・妊娠中または可能性のある方・授乳中・免疫系疾患(リュウマチ、糖尿病、白血病)・ケロイド体質・アトピー・その他皮膚疾患・肝臓病・金属アレルギーのある方は施術できません。

 

【料金】

料金はリタッチ1回込みを含めて以下の金額となります。

・ストレッチマーク 1箇所   ¥150,000 (税込¥165,000)   →   モニター価格   ¥100,000(税込¥110,000)

・傷跡修正 1箇所1㎠以内   ¥50,000(税込¥55,000)   →   モニター価格   ¥35,000(税込¥38,500)